介護とはどんなもの?

食事の介護についてご紹介したいとおもいます。あなたがまだ小さな赤ちゃんだったとき、はしを上手に使えましたか? きっと、お母さんがはしではなくてスプーンやフォークで食べさせていたと思います。それはどうしてかというと赤ちゃんのときは指をうまく動かすことができないため、食べることを親が手伝ってあげるとおもいます。それは介護も同じなのです。手を動かせない人にたいして食べ物を食べさせるときには、口のところまで食べ物を運んであげるようにします。また年をとると歯が無くなってしまうかたもいます。

 

歯がないため噛んで食べられないひとにはおかずを小さく切っておいたり、ご飯をおかゆにしておいたりと食べるための手助けをするのです。つぎのお風呂の介護について紹介したいと思います。お風呂も食事と同じです。介護が必要な人にはむずかしい行動だとおもいます。お風呂場は、すべりやすくて湯ぶねに入るときにも気をつけなければならないとおもいます。車イスの人が、お湯の中に入りたいときには、いったいどうすれば良いでしょうか? 

 

うでの力があれば自分の体を持ち上げられます。しかし、できない場合にはだきかかえたり、きかいをつかって体を持ち上げたりすることが必要となります。髪や体をあらう手伝いも介護のひとつだといえます。 子供にもできる介護ってあるのでしょか?実は介護をすることは大人だけできることではなく、子供にもできるとおもいます。体を持ち上げてあげることは力が足りないため子供にとってはむずかしいかもしれませんが、ふとんをかけたり本を持っていってあげたりすることは子供ができる介護だとおもいます。介護は思いやりを持っていれば誰にでもできることなのです。

TOPへ