福祉事務所

福祉事務所は、社会福祉法第14条に規定されている福祉に関する地方公共団体の事務所のことです。地方公共団体でこの名称を用いた機関が設置されていたり福祉を扱う事務所の通称として用いらています。福祉事務所の設置ですが、都道府県や市(特別区を含みます)は、条例によって福祉事務所を設置しなければなりません。その区域は都道府県の場合は、市や福祉事務所を設置する町村の区域を除いたものでいずれかの福祉事務所の所管としなければならないそうです。

 

また、町村は、条例によって福祉事務所を設置することができます。しかし一部の事務組合や広域連合を設けて、福祉事務所を設けることもできます。市町村が一つだけ設置するものとしては、市町村の福祉部や福祉課として設置されることが多いようです。福祉事務所の職務についてですが、福祉事務所は、生活保護法や児童福祉法、母子及び寡婦福祉法、老人福祉法、身体障害者福祉法及び知的障害者福祉法に定める援護、育成もしkは更生の措置に関する事務をつかさどるところです。

 

なお、老人福祉法や身体障害者福祉法そして知的障害者福祉法に関する事務については市町村の所管となっているので都道府県福祉事務所に関しては、福祉三法の生活保護法や児童福祉法、母子及び寡婦福祉法を所管しています。福祉事務所の組織についてですが、社会福祉法第15条によると福祉事務所には、長及び少なくとも次のような所員を置かなければなりません。ただし、所の長が、その職務の遂行に支障がないような場合には自らの現業事務の指揮監督を行う場合には、指揮監督を行う所員を置くことを要しないとされています。

TOPへ