第2種社会福祉事業

社会福祉法人の社会福祉事業のうち第2種社会福祉事業をご紹介したいとおもいます。次に掲げるような事業が第2種社会福祉事業とされています。たとえば生計困難者に対し、その住居で衣食やその他の日常の生活必需品、このような生活に必要となるものを購入するときに必要となる金銭を与えたり、生活に関する相談に応ずる事業などがあります。

 

児童居宅介護等事業や児童デイサービス事業、児童短期入所事業、児童自立生活援助事業、障害児相談支援事業、母子家庭等日常生活支援事業また寡婦日常生活支援事業、母子福祉施設の経営(母子及び寡婦福祉法)、放課後児童健全育成事業また子育て短期支援事業、同法が規定してる助産施設、保育所、児童厚生施設また児童家庭支援センターの経営や児童の福祉の増進について相談に応ずる事業(児童福祉法系)などがあげられます。

 

そのほかにも身体障害者居宅介護等事業、身体障害者デイサービス事業、身体障害者短期入所事業、身体障害者相談支援事業、身体障害者生活訓練等事業、手話通訳事業また介助犬訓練事業もしくは聴導犬訓練事業、同法に規定している身体障害者福祉センター老人居宅介護等事業、老人デイサービス事業、老人短期入所事業又は痴呆対応型老人共同生活援助事業・老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、老人福祉センターまた老人介護支援センターの経営(老人福祉法系)、などがあげられます。

TOPへ