福祉住環境コーディネーターについて

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーの仕事のことで医療・福祉、建築について体系的かつ幅広い知識を身につけて各種の専門職と連携をとりながらクライアントにたいして適切な住宅改修プランを提示するといったことをおこなっています。また福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスをおこなっています。

 

福祉住環境コーディネーターの主な仕事ですが、介護保険制度下での住宅改修に係わるケアマネジャーとの連携や福祉施策、福祉・保険サービスなどの情報提供、ほかにも福祉用具や介護用品、家具などの選択と利用法のアドバイス、バリアフリー住宅への新築や建て替え、リフォームにおけるコーディネートなどです。

 

福祉住環境コーディネーターには1級、2級、3級とあります。3級は福祉と住環境の関連分野の基礎的な知識についての理解度を確認することになっており超高齢社会がどんどんすすんでいくなかで生活者として知っておくべき福祉一般の基本的知識を理解していることや子供から高齢者にわたって全世代を対象にして、生活者の視点から、地域コミュニティやまちづくりを含んだ「福祉住環境整備の基礎知識」を理解しているかどうかが試験の目安となります。

 

2級の場合は3級レベルの知識に加えて、福祉と住環境等の知識を実務に活かすために幅広い知識を身につけることになります。また、各専門職と連携しながら具体的な解決策を提案できる能力が求められます。1級の場合は3級・2級で得た知識をもとにして新築や住宅改修の具体的なプランニングができて安全で快適なまちづくりへの参画というように幅広い活動ができる能力が求められます。

TOPへ