社会福祉士になるためには

社会福祉士になるためにはどうすればよいのでしょうか。それは厚生大臣が指定した指定試験機関の財団法人社会福祉振興・試験センターが実施している「社会福祉士国家試験」に合格しなければならないそうです。 この国家試験を受験するためには法律によって定められた受験資格が必要となります。

 

受験資格を得るためには大きく分類すると8種類のコースがあります。 福祉系大学(4年制)などを卒業した者や福祉系短大などを卒業した者、法的職種を経験した者、一般大学(4年制)を卒業した者 一般系短期大学(3年制の専修学校等)を卒業した者、一般系短期大学(2年制)を卒業した者です。大学などを卒業していなくても4年間の実務経験があって一般養成施設など通信過程を修了した場合にも受験資格を得ることができます。大学や短期大学卒業の場合にも詳細な決まり事がありますのでよく調べてから受験をするようにしましょう

 

たとえば福祉系大学(4年制)などを卒業した者の場合は厚生大臣が指定する12科目の指定科目を履修してから卒業した場合や厚生大臣が指定する 12科目の指定科目のうち6科目の基礎科目を履修してから卒業をしてかつ短期養成施設などの通信課程を修了したような場合となります。

TOPへ