社会福祉士とは

社会福祉士とは昭和62年5月におこなわれた第108回国会において制定されました。社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」に位置づけられた、社会福祉業務に携わる人の国家資格のことです。 社会福祉士の仕事ですが、「社会福祉士及び介護福祉士法」をみてみると社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由によって日常生活を営むことに支障がある者の福祉に関する相談に応じて助言や指導その他の援助を行うことを業とする者」とされています。

 

具体的にいうと児童福祉法関係施設 (児童相談所、養護施設、知的障害児施設等) や身体障害者福祉法関係施設 (身体障害者更生施設、身体障害者療護施設等) 、生活保護関係施設 (救護施設、更生施設等) 社会福祉法関係事業所 (福祉事務所、社会福祉協議会等)、売春防止法関係施設 (婦人相談所、婦人保護施設等) 、知的障害者福祉法関係施設 (知的障害者更生施設、知的障害者授産施設等)、老人福祉法関係施設 (特別養護老人ホーム、在宅介護支援センター等) 、母子及び寡婦福祉法関係施設 (母子福祉センター等)、医療法関係施設 (病院等) などにおける、相談や援助業務があげられます。

 

社会福祉士資格は、国家資格なのですが医師や弁護士のように「業務独占」の資格はありません。「名称独占」の資格となっています。「名称独占」とは資格をもたない者が「社会福祉士」という名称を勝手に使ってはならないということなのです。社会福祉士資格をもっていないと上記で記載したような業務につけないということではないのです。けれども社会福祉士資格をもっていることによって専門職としての水準の高さを表しますので今後は有資格者が増加していけば将来的には実質的な業務独占状態になることも視野にあげられます。

TOPへ