介護福祉士に関する改正案

介護福祉士に関する改正案がでているようです。それは介護福祉士の資格取得方法の見直しに関わってくるようです。介護福祉士の資質の向上を図るために一定の教育プロセスを通貨したあとに国家試験を受験するという形にして資格取得方法を一元化する考えのようです。

 

まず、養成施設ルートでは現在は養成施設を2年以上(1650時間)修了した場合には国家試験はありません。けれども見直し案では養成施設を2年以上(1800時間程度)と国家試験の受験がでてきます。この法案は平成24(2012)年に施行して平成25(2013)年1月の試験から実施される予定です。2年制の養成施設の場合ですと平成23(2011)年度入学者からで4年制大学の場合ですと平成21(2009)年度の入学者から、国家試験の受験が必要となります。

 

また、養成施設を卒業している者は、当分の間准介護福祉士の名称を用いることができるようですが、准介護福祉士については、提案が唐突であったため創設に反対する意見も多くみられたようです。福祉系の高校ルートでは現行の場合は福祉系高校を1190時間と国家試験を受験することになっており、この見直し案は福祉系高校を1800時間程度で国家試験を受験する。そして新しいカリキュラムの実施に併せて平成21(2009)年4月1日施行する予定となっています。

 

実務経験のルートでみてみると現行では実務経験が3年以上と国家試験を受験するということになっています。この見直し案は実務経験を3年以上と養成施設を6ヵ月以上(600時間程度)と国家試験を受験することになっており、平成24(2012)年4月1日に施行される予定なっていて平成25(2013)年1月試験から実施が予定されています。

TOPへ