精神科ソーシャルワーカー

福祉の仕事は、高齢者や障害者に関わる内容のものが多いです。その中でも、精神障害児者と関わる仕事に、精神科ソーシャルワーカー(PSW)という仕事があります。

 

精神科ソーシャルワーカーは、精神障害児者やその家族が、社会生活を送る上で抱えている問題に対して、相談援助を行うという仕事です。精神障害児者の社会復帰を支援するための、専門家を確保し、養成するという目的から、1998年に、国家資格として「精神保健福祉士」が誕生しました。これによって、従来から、精神科ソーシャルワーカーとしてあった職域が、国家資格化されることになりました。

 

精神科ソーシャルワーカーの主な職場は、精神病院などの医療機関、精神障害者生活訓練施設、精神障害者授産施設などの福祉の機関、または、精神保健福祉センター、保健所などです。職務内容は、医療機関では、患者や家族との面談、関係機関との連絡調整、社会復帰に向けての援助などです。また保健所などでは、特に、地域訪問、講習会や啓蒙活動、断酒会活動への援助、地域資源の開拓など、より地域に密着した業務内容となっています。

 

精神保健福祉士の資格を取得するには、年1回行なわれる、国家試験に合格する必要があります。受験資格は、保健福祉系の大学等を卒業する他、一般大学を卒業後に、精神保健福祉士養成施設を卒業する、指定施設での実務を積んだ上で、養成施設を卒業する等の方法があります。

 

精神保健福祉士養成施設には、通信制や夜間課程を設けている学校もあります。ですから、働きながら勉強をして、資格を取ろうとする人も多いようです。また、社会福祉士の資格を持っている人は、養成施設を卒業すれば、国家試験が受けられますが、その際、申請によって免除される受験科目もあります。

TOPへ