精神保健福祉相談員

福祉の分野の中においても、特に、精神障害者に関わる仕事に、「精神保健福祉相談員」という職業があります。精神保健福祉相談員の仕事は、地域の精神保健活動の第一線機関である保健所や保健センターで、精神障害者や、その家族の相談に応じて、病状の悪化を防ぐと同時に、社会復帰できるよう、様々な援助活動を行なうというものです。

 

具体的な仕事内容としては、精神衛生に関する相談に応じる他、管轄地域内の精神保健福祉に関する実態把握、訪問指導、患者家族会などの活動に対する援助、指導、教育や広報活動、および、協力組織の育成、関係機関との連携活動、医療や保護に関する事務などの仕事を担っています。近年の精神障害の入院受療率は、循環器系の疾患と並び、最も高く、それに伴い、保健所業務の中に占める精神保健業務の割合も、増加の傾向にあります。

 

精神保健福祉相談員は、保健師などから分化した、比較的新しい仕事です。保健師以外の資格としては、精神保健福祉士を持っていると、働く際に有利と言えます。精神保健福祉相談員は、保健所や保健センターで働く公務員なので、就職するには、まず、公務員試験に合格する必要があります。そして、その後、下記のいずれかの要件を満たしていれば、配属されます。

 

●精神保健福祉士の資格を持っている
●大学で、社会福祉に関する科目を履修して卒業し、精神保健・精神障害者の福祉に関する知識・経験がある
●医師である
●厚生労働大臣指定の講習会を修了した保健師で、精神保健に関する知識・経験がある

 

しかし、すぐに精神保健福祉相談員として働けるとは限りません。まず、保健所の保健師として配属され、経験を積んだ上で、職務に就くというケースが多いようです。

TOPへ