生活指導員・相談員

福祉の仕事と一口にいっても、その職種は、サービスの対象者によって様々です。福祉サービスの対象者としては、高齢者、身体障害者、知的障害者、精神障害者、児童、低所得者などがあげられます。その中でも、福祉の課題全般を担当する、中心的な役割を持っているのが、「生活指導員・生活相談員」です。

 

生活指導員は、地域で暮らす、あるいは、社会福祉施設に入所している高齢者や障害者への相談援助を中心に、施設での生活全般にかかわるケアプランを作成するという仕事を担っています。生活指導員は、一人ひとり、個別に係わり合いながら、自立生活をサポートする仕事をしています。

 

仕事の内容は、施設の種類によって、大きく2種類に分けることができます。まず、老人福祉施設で働く生活指導員は、日常生活にける、衣服の着脱、食事、入浴などが、ふつうに行なえるよう、本人や家族から、一人ひとり個別の課題やニーズを分析し、援助プログラムを立案します。さらに、入退所の手続きや、施設の環境整備、また、福祉事務所や医療機関との連絡調整などを行ないます。また、地域とのつながりのために、ボランティアの受け入れや、保育園児との交流を深めるなどの活動も行っています。

 

これに対して、障害者施設で働く生活指導員の場合、仕事の中心は、入所者の生活援助や訓練です。食事や衣服の着脱、入浴、排泄などの生活習慣が身につくよう指導する他、施設内作業の指導や、各種行事の立案・実行、さらには、保護者、関係機関との調整などを行ないます。また、介護職員の仕事を把握して、協力しながら指導を行っています。

 

生活指導員になるための資格要件は、各施設によって異なります。大半は、社会福祉主事任用資格を必要とする求人がほとんどです。しかし、最近では、さらに、社会福祉士資格を採用条件にする職場も増えてきています。

TOPへ