手話通訳士

数年前に話題になったテレビドラマの影響から、一時期、手話が大きなブームになりました。その頃、書店には、特設コーナーが設けられたりして、手話に関連する書籍やビデオが、爆発的に売れたという報告もあります。今まで、福祉には縁がなかった人も、福祉の世界に興味を持つ、一つのきっかけになったと言えそうです。

 

聴覚障害者が暮らしやすい社会を実現する上で、なくてはならない存在が、「手話通訳士」という専門職です。聴覚障害者のコミュニケーション手段である手話は、言葉と同様に、地域によって異なったり、時代とともに変化したりしているものです。また、出身地や年齢によっても、表現方法が微妙に異なったりすることもあります。手話通訳士は、このように、変化する言葉の内容を正しく理解して、健聴者と聴覚障害者との間に立って、橋渡しをするという、重要な役割を担っている仕事です。

 

手話通訳は、以前は、ボランティアの一環として考えられていました。しかし、その役割の重要性が認識されるのに伴って、1989年に、厚生省公認の資格試験制度が始まりました。福祉の施設の中でも、特に、聴覚障害者をバックアップする仕事に就きたい人たちには、必須の資格の登場となりました。

 

仕事内容は、手話通訳だけでなく、聴覚障害者の各種相談や指導の仲介に入ったり、病院・役所・学校などに出かける際の付き添いなども含まれます。また、地域社会での手話を必要とするボランティア活動や、福祉活動に対して、啓蒙的な役割を担うなどその仕事内容には幅があります。その分、福祉に対する、より深い知識や、高い技術の習得、熱意が求められる仕事でもあります。

 

実際に、働く現場では、純粋に手話通訳士としてではなく、手話ができる職員として扱われることが多いようです。また、ボランティアセンターに登録して、センターから来る、様々な依頼を受けるという形の、派遣事業に携わる人もたくさんいます。

 

手話通訳士の試験は、20歳以上で、手話通訳経験が3年程度以上ある人が受験することができることになっています。試験は、学科試験(一次試験)と実技試験(二次試験)の2段階で行なわれます。もし、二次試験で不合格になっても、一次試験をパスしていれば、本人の申請により、次の2回の一次試験が免除されます。

TOPへ