身体障害者福祉司

身体障害者福祉司という仕事を、ご存知でしょうか。身体障害者福祉司は、その名称から、具体的な仕事の内容が、なかなか想像しにくい職種かもしれません。身体障害者福祉司の、主な職場としては、福祉事務所や身体障害者更生相談所などがあげられます。そこで、身体障害者の福祉に関して、事務所員に技術指導を行ないます。また、身体障害者の調査や、更生援護が必要かどうかの判断、援護の種類の検討、本人への指導、相談業務、および、これらに付随する業務のうち、専門的技術が必要な仕事を行なっています。

 

利用者からの具体的な相談内容としては、医療を受けたい、義手や義足が必要である、施設に入所して訓練を受けたいなどといったことが挙げられます。また、その他にも、日常生活や職業上のことで、何か困ったことが出てきたときなどに、相談に応じて、的確な指導を行なう存在です。

 

身体障害者更生相談所では、身体障害者福祉司を含め、その他、医師や心理判定員など、医療・福祉の専門職員がいます。そして、身体障害者一人一人に対して、最も効果的に更生できる方法を考え、技術的な判定を行なっています。利用者に、より良いサービスを提供するためにも、他の職種と連携、協力して、仕事を進めていく必要があります。身体障害者福祉司は、身体障害者福祉法に規定される任用資格です。仕事に就くには、次のいずれかに該当していなければなりません。

 

●社会福祉主事任用資格を持ち、2年以上の実務経験がある
●大学にて指定科目を履修して卒業した
●医師である
●厚生労働大臣指定の養成施設を卒業した
●上記に準ずる学識経験者

 

 

その上、公務員試験に合格しなければなりません。その後、任用資格を持つ人が身体障害者福祉司として配置されます。しかし、必ずしも希望通りに配置されるとは限りません。まず、行政職や事務職に携わったあと、人事異動により、身体障害者福祉士として配置されるという場合もあります。

TOPへ