児童福祉司・相談員

児童相談所に勤務している職員のことを、児童福祉司・相談員といいます。子どもたちの保護、福祉に関するいろいろなことについて、相談に訪れる親や保護者、または、子ども本人に、必要な調査や社会的診断を行なった上で、問題解決のための援助や指導をしていくのが、児童福祉司・相談員の仕事です。

 

ときには、同じ児童相談所で相談業務を行なっている心理判定員、小児科医、精神科医などと一緒に、相談者へのカウンセリングや指導を行ない、問題解決にあたることなどもあります。このように、専門職スタッフと協力して、問題解決の最善の方法を見つけ出していきます。児童福祉司・相談員は、どちらも仕事の内容はほぼ同じで、ときには、どちらの職種も、「ケースワーカー」と呼ばれることがあります。

 

児童相談所に寄せられる相談内容は、実に様々です。親・保護者からは、病気、離婚、経済的な事情で、子どもの健全な養育ができないといった内容の相談が多くあります。子ども側からの相談では、窃盗・傷害など、犯罪や不良行為、自閉症や不登校といった心の問題など、多岐にわたっています。

 

最近では、養育放棄、児童虐待の問題も、増加の傾向にあるようです。このような、複雑な問題に対応するために、児童福祉司・相談員の仕事は、社会学・心理学・福祉に関する知識、ケースワークの技法などの専門的な知識が、幅広く要求されます。児童福祉司・相談員になるには、誰とでもコミュニケーションがとれる能力、そして幅広い教養と経験、どんな人の話にも耳を傾けられる、やさしさと根気が求められます。

 

児童相談所は、行政機関です。そのため、ここで働くためには、地方公務員試験に合格する必要があります。そして、一般行政職として採用された後に、児童相談所へ配属される、もしくは、定期人事異動によって配属される場合に、児童相談所で働くことができます。自分が児童福祉司の任用条件を満たしていて、児童相談所での勤務を希望しても、必ずしもそのポストにつけるとは限らないのが現状です。

TOPへ