母子指導員・少年指導員

福祉の職場で活躍している仕事の中には、「母子指導員」、「少年指導員」という職種があります。これらは、「母子生活支援施設」という、以前は、母子寮と呼ばれていた施設で働いている存在でした。これは、何らかの理由により、配偶者がおらず、経済的に困窮している母子に、生活の場を提供し、社会的に自立できるよう、支援をするという目的で設置されているものです。

 

母子指導員は、母子生活支援施設において、母親に対して就労援助を行なったり、日常の育児・家事の相談に応じたり、親族との関係を改善するために、精神面でサポートし、法的な手続きや関係機関との調整などの仕事を担っています。これに対して、少年指導員は、子どもの日常生活の援助を中心に、学習や生活習慣を身につけられるよう、行事計画を立案したり、人間関係をうまく保てるような援助をするといった仕事をしています。

 

一般に、母子生活支援施設は、職員数が少なく、母子指導員、少年指導員は、保育士、栄養士など、他のスタッフと協力しながら、子どもが退所年齢(18歳)になるまでに自立できるよう、母親にも子どもにも、精神面、生活面の両方から支援する必要があります。

 

また、入所する母子は、夫の暴力やギャンブル、アルコール依存、薬物依存、借金などの理由から、離婚したり、未婚のまま出産して、就労できないなどの問題を抱えているケースが多いです。そのため、職員は、母親・子どもへの指導・援助を行なうと同時に、よきパートナー・よき理解者として接することがとても大切です。

 

母子指導員になるためには、まず、以下のような任用条件のいずれかを満たしている必要があります。

 

●厚生労働大臣の指定する養成学校、養成施設を卒業する
●保育士の資格を取得する
●高校卒業後、児童福祉事業に2年以上従事する

 

 

一方、少年指導員については、規定はありませんが、児童指導員任用資格を持っていることが採用の条件となる場合が多いようです。採用については、自治体によっては、福祉の専門職として募集しているところもあります。しかし、ほとんどは一般の公務員として採用されます。そのため、必ずしも希望する施設や職種に配属されるとは限りません。また、母子生活支援施設は、年々減少しています。今後も増えることは、まずないと言われています。従って、就職はなかなか厳しいのが現状です。

TOPへ