児童自立支援専門員・児童生活支援員

福祉の仕事というと、高齢者や障害者に関わるというイメージがあるかもしれません、しかし、そういった仕事ばかりではありません。たとえば、非行少年の社会的自立を支援する仕事に、児童自立支援専門員・児童生活支援員という職業があります。

 

喫煙、飲酒、窃盗などの非行に走ったり、あるいは、走るおそれのある児童や、保護者の監護が適切でない家庭環境にある児童が入所する児童自立支援施設で、児童の生活・学習・職業指導を行ない、社会的な自立を支援するのが児童自立支援専門員、生活支援を行なうのが児童生活支援員の役割です。これらの仕事に従事する人は、以前、「教護」、「教母」と呼ばれていました。この名称は、1998年に改められました。

 

具体的な仕事の内容は、「家庭舎」と呼ばれる寮に住み込み、一般家庭に近いかたちの小集団の中で、児童と寝食を共にしながら、親代わりとなって、様々な指導を行なっていくことです。また、医師や教員とも協力し、家庭舎を退所してからも、集団生活に耐えうる強い人間に成長していくよう、援助する存在です。

 

入所している児童は、親の愛情に飢えている場合も多いです。そして、社会に対して不信感を抱いていることも、少なくありません。そうした児童に対して、その原因を深く追求し、社会へ適応できるよう、根気強く指導していきます。少年非行が増加する中で、児童自立支援専門員・児童生活支援員の役割は、ますます大きくなることが予想されます。

 

勤務形態については、施設内で児童と共に生活しながら指導にあたるため、24時間の住み込みが基本です。しかし、最近では、福祉の現場でよく問題となる、閉鎖性が強くなりがちであるため、勤務形態の見直しが求められるようになってきています。

 

これらの職種で就職するには、まず、児童自立支援専門員は、児童指導員任用資格を、児童生活支援員は、保育士資格を取得するのが、一般的な方法です。次に、児童自立支援施設は、ほとんどが公立であるため、各都道府県が独自に行なっている、採用試験に合格する必要があります。私立の施設の場合、各施設ごとに行なわれる採用試験に合格することが必要です。

 

しかし、いずれにしても、施設数が少なく、職員の募集は欠員補充として出される場合がほとんどで、採用状況は厳しいというのが現状です。

TOPへ