児童指導員

福祉の仕事の中には、高齢者や障害者に関わる仕事ばかりではなく、子どもや母子と接する仕事もあります。そして、その中に、児童指導員という職種があります。これは、児童福祉施設へ入所してくる子どもたちが、健やかに成長できるように、ありとあらゆるケアを行っていく仕事です。

 

児童福祉施設へは、家庭に何らかの問題がある、あるいは、心身的に障害があるなどの理由を持った子どもたちが入所してきます。児童福祉施設を大きく分けると、家庭の事情で、子どもを預かる児童養護施設と、障害のある子どもが通う(または、暮らす)施設があります。どちらも、原則として、0〜18歳までの子どもたちを預かっています。

 

児童養護施設に勤務する指導員は、子どもたちと寝食を共にして、まさに親代わりになり、マナー・食事・掃除・勉強など、日常生活を、あらゆる面からサポートする存在です。幼い子どもが相手のときには、読み書きや遊びを教え、中学・高校など、年齢の高い子どもたちに対しては、就学・就職などの相談を行ないます。一人ひとりが、社会で自立できるよう、手助けをします。さらに、子どもたちのために、児童相談所や学校などの関係機関と、連絡業務も行ないます。また、児童の親と面接を行なったり、子どもたちの成長を親に伝えるなど、離れて暮らす親子の心の溝を埋めるための努力も、大切な仕事のひとつです。

 

一方、知的障害児や、肢体不自由児など、障害のある子どもをみている児童福祉施設に勤務する指導員は、介助や療育の仕事が中心となります。食事、排泄、衣類の着脱といった、日常的なことを、子どもたちがひとりでできるように、指導・訓練したり、身体の機能が少しでも良くなるよう努めます。

 

福祉の現場では、子どもたちが、健やかに成長できるよう、保育士・栄養士・作業療法士・理学療法士など、いろいろな専門職のスタッフが、一緒になって働いています。児童指導員は、これらのスタッフと連携しながら、きめ細かな生活指導計画を立てて、子どもたちを支援していく存在なのです。

TOPへ