作業指導員・職業指導員

福祉や介護の仕事の中でも、障害者の社会復帰をサポートするものに、「作業指導員」、「職業指導員」があります。

 

作業指導員、職業指導員は、身体的、または精神的な障害のために、就職や経済的自立の道が閉ざされている人たちに対して、一人一人の障害の状況に応じて、職業的自立(社会復帰)を果たすために必要な、技術の指導、および援助を行なうための、作業プログラムや内容を考案する仕事です。法律上は、「作業指導員」と「職業指導員」に分かれています。しかし仕事内容はほぼ同じと考えてよいでしょう。

 

業務内容は、施設入所者の障害の種類や程度、作業種目、施設の規模や形態によって、異なってきます。しかし、その共通の目的は、木工、陶芸、織物、農作業を通じて、施設入所者一人一人の社会的自立へのステップアップを図ることです。また、作業効率を上げるための作業道具や、工具の開発、一般企業との連絡調整、生産や労務管理など、施設内外の調整を行なうことも、大切な仕事の一つです。あるいは、作業適応指導として、施設内外の医師や作業療法士、生活指導員などと、チームを組んで、施設入所者の作業能力や意欲を見きわめ、育成を図るような仕事にも携わっています。

 

このように、施設入所者の作業内容を検討し、効率良くこなせるよう、サポートしていく仕事です。相手の意見や思いを十分考慮した上で、仕事への意欲と潜在能力を、どこまで伸ばすことができるかが、大きな課題となってきます。施設内での人間関係や、仕事内容など、あらゆる面を考慮して、入所者が気持ち良く働けるよう、環境を整えることも必要です。

 

作業指導員・職業指導員になるための特別な資格制度はありません。しかし、実際に、福祉の現場で働く指導員の半数以上が、有資格者となっています。特に、製品の搬入・搬出の際に必要な自動車運転免許の取得を求める施設が多いようです。

TOPへ