言語聴覚士

医療・福祉の分野で、リハビリの専門家といえば、理学療法士や作業療法士を思い浮かべる人が多いかもしれません。これらの仕事と同様に、リハビリテーション医療で重要視されている職種に、「言語聴覚士(ST)」があります。

 

言語聴覚士は、ST(スピーチセラピスト)とも呼ばれます。まだ、できてから、10年足らずの新しい国家資格です。言語聴覚士の資格を取得するには、養成学校で3年以上学ぶ、大学などで2年以上修業して、指定科目を履修し、指定養成施設で2年以上専門知識を学ぶなどの受験資格を得た上で、国家試験に合格することが必要です。言語聴覚士国家試験の試験事務等は、(財)医療研修推進財団が行なっています。受験資格等の詳細は、そちらに問い合わせるとよいでしょう。

 

言語聴覚士は、言語聴覚訓練のエキスパートです。様々な原因で、言葉や聴覚に障害を持つ人を対象に、専門的な知識に基づき、訓練や指導を行ない、機能回復をはかります。その仕事は、まずは、障害の程度を冷静に把握し、機能の評価をするところから始まります。具体的には、まず、言語聴覚士が障害の程度を判断するのに必要な検査を行います。その検査結果に基づいて、医師や歯科医師が診断を行ない、医師が通常の医療では、回復が困難であると判断した場合、言語聴覚士によるリハビリに入ります。また、言語聴覚士が行なう療法は、主に、コミュニケーション障害を対象にしていますが、口については、食べたり呼吸したりする器官でもあるため、摂食障害や嚥下障害も訓練の対象に含まれるなど、その仕事の内容は多岐にわたっています。

 

法律上は、医師の診断後、聴力検査や嚥下訓練は医師の指示が必要とされています。しかし、それ以外の訓練や指導については、指示が必ず必要というわけではありません。特に、福祉の現場では、言語聴覚士には、大きな裁量権が認められています。

 

これまで、言語聴覚士は、病院などの医療施設に、比較的多く就職しています。しかし、平均寿命が延び、脳血管障害などによる高齢者の言語障害が増えているため、今後は福祉の分野での採用数も伸びてくるものと考えられます。

TOPへ