作業療法士

医療と福祉という、切り離せない二つの分野の中において、主にリハビリにかかわる仕事をする存在が、作業療法士(OT)です。作業療法士は、理学療法士と並び、医師の指示を受け、多くの専門職のスタッフとリハビリテーションチームを組み、治療を実践していきます。

 

作業療法士が行なう作業療法としては、日常生活に必要な動作の訓練や、機能回復の訓練などがあります。まず、「歯を磨く」、「顔を洗う」、「靴を履く」など、日常生活に必要な、基本的な動作の訓練や改善が行なわれ、引き続いて、手芸、粘土細工、楽器演奏など、作業による機能回復のための援助に移っていくのが一般的な流れです。

 

また、患者が知的障害者の場合は、レクリエーションなどを通じて、情緒面に働きかけ、感情表現の発達を促すことも、その仕事に含まれます。作業療法の目的は、障害のある人に残っている能力を最大限に引き出し、回復後の自立生活、社会生活、職場復帰へ向けて、身体条件、精神条件を整えることをサポートすることにあります。

 

作業療法は、理学療法の後を引き継いで取り組むケースが多いです。そのため、働く職場は、理学療法士とほぼ同じで、医療機関・医療と福祉の連携施設・福祉施設となります。福祉現場でのスタッフの数は、医療現場に比べれば、まだ少数です。社会全体で、リハビリの重要性が広く認識されつつあり、作業療法士に対する福祉分野でのニーズが高まってきていると言えます。

 

作業療法士になるためには、高校卒業後に、作業療法士養成学校、あるいは養成施設において、3年以上、専門知識や技術を修得した上で、国家試験に合格する必要があります。また、海外で作業療法に関する学校を卒業するか、または、免許を取得した人は、厚生労働大臣から、日本の養成学校で学んだのと同等の技術があると認定を受けると、国家試験を受験することが可能となります。

TOPへ