理学療法士

福祉の分野の中でも、特に、リハビリに関わる仕事のひとつに、「理学療法士(PT)」があります。理学療法士は、医療、福祉、スポーツ分野と、活躍領域の幅広い仕事です。

 

最近の医療では、リハビリテーションの重要性が認識されてきています。その実践や援助などの主な部分を担当するのが、理学療法士です。病気、けが、老化や過度の運動などが原因で、身体機能に障害を持つ人に対して、最新の技術と理論をもとに指導を行ない、障害の回復や身体機能低下の予防を図り、日常生活において自立できるように支援するのが、理学療法士の主な役割です。

 

作業療法士の仕事も、これと似た仕事と捉えられがちです。理学療法士が、身体に障害を持つ人の機能回復を手助けするものであるのに対して、作業療法士は、日常生活に生かせる作業療法を提供し、社会復帰の手伝いをするという存在です。つまり、立つ、歩く、曲げる、伸ばすなどの基本的な動作回復は、理学療法士の仕事で、回復した機能を手芸や工作などの作業を通して、実践的に訓練をするのが作業療法士の仕事と言えます。

 

理学療法士の多くは、一般病院や精神・神経科病院、リハビリテーションセンターなどで働いています。また、特別養護老人ホーム、デイサービスセンターなど、高齢者のための福祉施設でも、理学療法士を雇用するところが増加してきています。福祉施設からの求人も多く、介護職員に次ぐ求人数と言えるほどになっています。

 

理学療法士になるには、国家試験に合格することが必要です。国家試験を受験するためには、高校卒業後、理学療法士養成学校、または、養成施設において、3年以上専門知識と技術を習得するか、外国で学んだ人は、厚生労働大臣から、その認定を受ける必要があります。

 

養成学校、養成施設では、最終学年時に、病院やリハビリ施設での実習が行なわれます。また、いずれの養成学校、養成施設でも、卒業と同時に、国家試験受験資格が与えられますが、試験の難易度、資質の向上から、今後は、4年制大学卒の受験者が増えることが予想されます。

TOPへ