介護職員

福祉の仕事と聞くと、高齢者や障害者に関わる仕事が中心であるというイメージがあります。その中でも、介護サービスの中心を担うのが、「介護職員」(寮母・寮父)です。寮母・寮父という呼び名は、厚生労働省の定めた職員の配置基準に基づく職名で、最近では、「ケアワーカー」、「介護職員」と呼ぶ福祉施設が増えています。

 

仕事の内容は、職場である社会福祉施設の種類によって異なります。主に、食事、入浴、排泄、衣服の着脱、移動など、生活全般における介助の他に、日誌の作成、各種福祉機器の管理、看護業務の補助、掃除などを行ないます。さらに、散歩や買い物を援助したり、誕生会やお花見などの行事や、レクリエーションを実施するのも大切な仕事の一つです。

 

「寮母」という呼び名から、女性の職場というイメージが強いかもしれません。しかし、最近は、男性が活躍する姿が目立ってきているようです。車椅子への乗り降りや、ベッドへの移動、体位変換など、力のいる仕事が多く、男性の福祉の分野への進出が、今後も伸びていくと予想されます。

 

寮母・寮父になるための資格要件は、特にはありません。また、学歴についても、必ずしも重要視されず、健康で熱意のある人なら、仕事に就くことができます。しかし、最近では、介護福祉士の国家資格を求めるケースも増えているようです。また、ホームヘルパー養成講座のような、介護についての知識や技術を求める施設も多くなってきています。介護福祉士の資格については、就職して、3年の実務経験で受験資格が得られ、国家試験に合格すれば、資格を取得することが可能です。高齢者福祉施設の寮母を目指すのであれば、ホームヘルパー2級以上を持っていると、有利であると言えるでしょう。

TOPへ