ホームヘルパー

「ホームヘルパー」といえば、福祉の仕事の中でも、高齢者・障害者に接する介護の仕事の、エキスパート的存在です。ホームヘルパーの仕事は、高齢者や身体障害者の自宅、あるいは福祉施設で、身体介護サービスや家事援助サービスを提供するものです。介護保険制度の導入により、社会的にも注目度の高い仕事の一つになってきています。

 

ホームヘルパーが介助する人は、寝たきりや認知症などの高齢者から、肢体不自由者や重度の身体障害者、視覚・聴覚・言語・内部障害者まで、様々です。利用者の家庭を訪問し、身の回りの介護や家事を行ない、さらに、悩み事の相談やアドバイスなど、精神的なケアにも努めなければならない責任感を求められる仕事です。そして、利用者の生活の質(QOL)を高め、将来的にも安心して暮らせるよう援助し、さらに、要介護者と生活を共にする、家族の介護負担の軽減にも努めるという仕事です。

 

具体的な仕事の内容としては、次のようなことがあげられます。ただし、各家庭によって、その比重は異なります。

 

●身体介護…着替え、食事、入浴、排泄など
●家事援助…掃除、洗濯、買い物、調理など
●その他…身体介護の記録と保管、担当医・主治医・保健師との連絡、病院への通院介助、デイサービス施設への付き添いなど

 

 

ホームヘルパーとして働くために、法的資格は必要ありません。ただし、厚生労働省が定めた基準による、「ホームヘルパー養成研修」を修了している人を採用するケースが、圧倒的に多いようです。要請研修は、介護知識や技術などのホームヘルプサービスの質の向上を図るために実施されているものです。各都道府県で、1級から3級の認定を行っています。2級からの受講も可能です。入門コースである3級よりも、基本研修である2級の受講希望者がほとんどです。また、福祉の現場からも、2級以上を求められることがほとんどです。1級については、2級修了者が対象で、主任ヘルパーの養成が目的です。

 

ホームヘルパー養成研修2級課程では、受講資格は、性別・年齢不問です。都道府県・指定を受けた事業者が実施しており、講義58時間、演習42時間、実習30時間の計130時間のコースになっています。費用は、各実施機関によって異なります。

TOPへ