保健師

核家族化が進む中で、育児経験の少ない親や、一人暮らしの高齢者が増加しています。そんな中、育児相談や、高齢者の健康管理に活躍する保健師の役割が、今、改めて注目を集めています。保健師とは、保健所や、市区町村の保健センターなどに勤務して、地域住民の健康管理や保健指導の仕事を担う専門職です。

 

保健師の仕事の場として、最も多いのは、保健所・保健センターや市区町村の役場などです。そこで、一定の区域を受け持ち、乳児検診や成人検診、予防接種や在宅患者の家庭訪問など、その区域内に暮らす住民の保健指導に従事します。その他には、病院や老人訪問看護ステーションにおいて、看護師や介護福祉士と連携して、看護活動を行なうなどの仕事もあります。また、企業において、従業員とその家族の健康管理を主な仕事とする保健師もいます。また、学校に勤務する保健師もいます。ただし、学校保健師になるには、保健師のほかに養護教諭の免許が必要です。

 

このように、保健師は、地域において、医療・福祉・教育の分野を含め、幅広く活躍する健康管理のスペシャリストです。保健師の資格を取得するには、まず、看護系の学校、養成施設などで、看護師になる勉強をして、卒業することが第一条件となります。その後、看護師国家試験に合格して、看護師免許を取得してから、保健師国家試験を受験するルート、もしくは、保健系の学校・養成施設を卒業してから、保健師国家試験を受験するルートとがあります。

 

看護職には、保健師、看護師、そして、助産師、学校の養護教諭も含まれます。看護師と保健師の主な違いは、看護師が個人を看るのに対して、保健師は、主として集団を対象にするという点です。いずれにしても看護職は、今の時代は特に、医療に限らず、福祉の分野でも必要とされる大切な職種であると言えます。

TOPへ